読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこぞのエンジニアなマネージャーのブログ。

Perlとかviとかcssとかjavascriptとか(rubyとか)git >> https://github.com/rozary hatenaIDがrozrayなのはtypo

Time::Pieceの中身とテストで困った話

Time::Pieceの中身の紹介。

bless( [0,0,23,1,6,113,1,181,0,undef,1], 'Time::Piece' )

blessされた配列が入ってる。
配列の意味は

use constant 'c_sec' => 0;
use constant 'c_min' => 1;
use constant 'c_hour' => 2;
use constant 'c_mday' => 3;
use constant 'c_mon' => 4;
use constant 'c_year' => 5;
use constant 'c_wday' => 6;
use constant 'c_yday' => 7;
use constant 'c_isdst' => 8;
use constant 'c_epoch' => 9;
use constant 'c_islocal' => 10;

こんな感じ。

説明はいいよね?

で、困った話。

is_deeply($expected_time_piece,$got_time_piece);

とかして、同じ時間なのにコケる時があった。

エラー見たら。
以下な感じ。

bless( [0,0,23,1,6,113,1,181,0,undef,1], 'Time::Piece' )
bless( [0,0,23,1,6,113,1,181,0,1372687200,1], 'Time::Piece' )

片方にepochの値の所が入っていたんですね。

ちなみに、undefのモノは、timepieceのインスタンスを作成した直後の物で、
epochが入っている方は、なんかいろいろ処理した後のもの。

そこで、time_pieceのソース見たら。

sub epoch {
    my $time = shift;
    if (defined($time->[c_epoch])) {
        return $time->[c_epoch];
    }
    else {
        my $epoch = $time->[c_islocal] ?
          timelocal(@{$time}[c_sec .. c_mon], $time->[c_year]+1900)
          :
          timegm(@{$time}[c_sec .. c_mon], $time->[c_year]+1900);
        $time->[c_epoch] = $epoch;
        return $epoch;
    } 
}

という感じで、epochを使ったあとだと値が入るようだ。

なので、undefが入っている方のインスタンスをepochしてからexpectedとして
テストしたら通ったというお話。